トップページ | 2005年4月 »

2005/03/27

ガンダムSEED DESTINY 23話(毒入り)

今回はつまり
カガリ「この紋所が目に入らぬかっ ひかえぃ ひかえぃ 
ユウナ「ええいッ 公の名を騙る不届き者めっ。ものども、であえぃであえぃ
って話です(笑)

とりあえず良かった点は、戦闘シーンが面白かった事。先週がイマイチだっただけに心配だったが今週はその汚名を返上。特にグフはヒート剣やヒートロッド等々の独自の武装を活かした殺陣は見応えあり。今回で退場になのがもったいないくらいだ。また変形を駆使したセイバーとカオスとの空中戦もスピーディでなかなか良かった。

じゃあダメだった点はというと、それ以外全部かな(笑)

とにかく登場人物がまともに頭をつかっているように見えない。
その筆頭はもちろんカガリ。子供のケンカじゃないんだから「やめろ」と言われても止められるか! カガリって政治的センスが全くないんだよなぁ。せめて感動的な演説でもしてくれればいいけど「私は元首だ、だから軍を引け」って前線の兵士に言われてもねぇ。事情をよく知らない末端の兵士にとっては、行方不明だった国家元首が、国元から遠く離れた場所に突然あらわれ、戦闘中に停戦を呼びかけるわけですから… 
そんな怪しげな事を信じろという方が無理な話。どれだけ無謀で能天気なやり方か、事前にだれか気付いてカガリに教えてやれよ。しかもそれが失敗した後も戦場に残って父親の回想にふけって泣きじゃくる。この徹底したカガリの「空気の読めなさ」はすばらしい(笑)

ホントになんだこの場違いな水戸黄門みたいな展開は? 先週の放送の後、「いくらなんでも戦場で、カガリが名乗り出て、その威光をつかって戦闘を止めるってのは無いだろうなぁ」と予想してたんですが、まさかそのものズバリだったんでひっくりかえっちゃいましたよ。 しかもその後のユウナの対応が悪代官そのものなのが更に笑いを誘う。でも劇中ではこの上なく情けなく描かれてるもののユウナの主張は政治的にも完全に正しい。 彼女が本物である証拠は何一つ無いし、誘拐同然に連れ去られている以上その言葉が強要されたものだと考えるのは当然。
カガリ側がオーブ軍の指揮官やミネルバに接触をしてこなかったのも理解できない。 アスランいることをカガリ側が知らなかったにしても、艦長同士はオーブで面識がありましたし、オーブ脱出時に情報を流したバルトフェルトが交渉すれば、損傷していたミネルバの撤退もありえたんじゃないかな?

ザフト側も頭が悪い。出撃したものの甲板に張り付いたままで砲台扱いのザク2機。機動兵器の意味無いじゃん! 先週、偵察で敵が海上兵力なのは判明してた筈だから、水中戦なり空中戦なりを想定して装備を整えてくれ。単体で飛べないなら前作で出たドダイみたいなサポートメカを使え!

ハイネの死にっぷりもまた救いが無い。3機の中でも海上戦では一番弱そうなガイアを相手に、撃墜するでも無くて結果的に足止めのみ、であっさりとフリーダムにやられちゃうのが泣けてくる。
右腕が破壊された時点で戦闘力はほぼ皆無なのにフリーダムにつっこんでいく意図が不明。
 そんな限りなく無駄死にに近い状況なもんで、爆発の中に笑顔の幻を重ねるという本来なら感動的な演出も、なんだか大袈裟に感じられギャグにしか見えない。

アークエンジェルの介入で一番被害が大きかったのは、主砲を破壊された上、優秀なパイロットが戦死したミネルバだろう。 ほぼ全戦力を投入しつつも、かなりの数の撃墜が確認されたオーブ側は政治的にも立場が悪化。 一番被害が少なそうだったのが、この戦闘の実質的な元凶でありながら、戦力を温存していた連合だったってのは皮肉だなぁ。 本当に何がしたかったんだアークエンジェルは?

 シンが主人公らしくないことはいまさら指摘するまでもないことだけど、スタッフがそれを改善する気がないように見えるのは大問題。 
今回のオーブ参戦やアークエンジェルの介入、ハイネの登場と戦死といった一連のイベントにしても、シンではなくアスランのドラマを強化する要素になっているのはどうか?
 それにきちんとした理由があるのならば別に構わないだろう。例えば、未だ明らかにされていないが作劇上の意図や計算の上でシンを冷遇しているだけであるとか、シンは単に名目上の主人公で本来描きたかったのはアスランの物語であるとか、そういった製作側の明確なビジョンがあれば文句は無いのだが、私には、シンの主人公としての不遇な状況は、単にシナリオや構成の拙さ故であるようにしか思えない。
 スタッフが、シン・アスカの設定書に“主人公”と書いてガンダムに乗せただけで、視聴者が彼を主人公と認識すると思っているなら大きな間違いだ。 劇中で主人公として扱われなければ、シンはちょっと出番の多い脇役と大差ないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/03/23

「スクラン」25話のポンチ絵って

『スクールランブル』25話で“ポンチ絵”って言葉が出てきてたけど、実はこれは戦前からあるかなり古い言葉でマンガの別称。
語源は1862年から1887年の間に出版された「Japan Punch(ジャパン・パンチ)」誌。これは幕末に来日して来たイギリスの絵入り新聞の特派員、チャールズ・ワーグマン氏が創刊したもので、英国の風刺雑誌 「Punch,or the London Charivari」の 日本版ともいえるもの。
新しい技法であるペンとインクを使った絵を掲載した「パンチ」誌が訛って「ポンチ絵」という言葉が誕生。このころはポンチ絵の他に「コマ絵」なんて呼ばれ方もしたそうである。

ちなみに「漫画」という言葉が公に使われだしたのがだいたい明治時代の終わりごろ。
実は「ポンチ絵」というのはネガティブな言葉で、非常に侮蔑的な意味で使用されていた為、当時の漫画家さんは「漫画」という呼び方を好んで使ってたようです。 
もし年配の漫画家さんと話す機会があっても「ポンチ絵」という言葉は使わない方が無難でしょう。(まぁあまりないシチュエーションだとは思いますが・・・)


余談ですが「ポンチ絵」は死語ではなくて、広辞苑にも立派に載ってたりしてます。
流石に「=マンガ」って意味ではほとんど使われてませんが、今でも挿絵や概要図、説明イラスト・スライド等などの意味で使われてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スクールランブル」25話 遂に真のOPが完成(笑)

昨今スケジュールの都合からか番組開始当初にOPが完成しておらず4.5話後に正式なOPになる作品も多いがラスト1話前で完成というのはおそらくこの作品ぐらいだろう(笑)

という冗談はこれ位にして、元々は原作にも出てきたネタだけどこれをOPに持ってくるセンスは流石というべきか。今回もだけど高野の夏休みネタや18話のドジビロンネタなどをと作ってくれるのは嬉しい。「くだらない事を真面目にやる」ってのがぎゃグの基本のひとつというのをスタッフはちゃんと分かってるなぁ。
 一般的にマンガ原作と比べて、アニメのアドバンテージは「音と動きがある」ということ。それを理解し最大限に活かしているのがアニメ版の成功の理由でしょうね。(もちろんアドバンテージとは逆に「アニメ作品としての制約」という不利な点も確かに存在していますが…)

さて来週は最終回。原作が完結していない中でどう決着をつけるか気になってたんですが・・・ぶわッ そう来たか。 そしてサブタイトル長ッ! おそらく『ジャングルはいつもハレのちグゥ』の「黒くて大きくて硬くて光ってて臭くて奇妙な声をあげるせーぶつ」を遥かに超える最長のタイトルか?

そういえば原作はこの時期すっかり烏丸くんが忘れ去られてたころだったなぁ
それとなにげに原作の小林尽氏が声で出演してましたね。帽子にFってついてた船員の役かな。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/03/21

「仮面ライダー響鬼」八之巻いろいろ

か特撮は大好きなのですが、現在見ているのは「響鬼」と「マジレンジャー」のみ
「ネクサス」も「ジャスティライザー」もうっかり第1話を見逃してしまいそれっきり。うーん、機会があればビデオででも観てみます。

「仮面ライダー響鬼」

仮面ライダーシリーズは昔から大好きで、再放送やビデオで全作品観てます。「ZO」や「J」もしっかり劇場で見てたりします。そういえば「スーパー1」の変身ベルトは持ってたっけ。
もちろん平成ライダーシリーズもしっかり見てます。「響鬼」は、大好きな「クウガ」の高寺プロデューサーが復活したということでものすごく期待してました。
で今のところ期待どおりの出来なのが嬉しい。いやぁデザインや設定なんかは全然ライダーっぽくないんですけどね。そんなのが気にならない位面白い。 「龍騎」「555」「ブレイド」の時は、新しいライダーが発表される度にそのデザインへの不満の声が上がってたけど、今回はそういう否定的な声が明らかに少ない。 純粋に「響鬼」のデザインがカッコいいというのもあるけど、作品全体から何か新しい事をやってくれそうなパワーが感じられるのも大きな理由かな。

では今回の響鬼の感想を

明日夢という異分子のおかげでペースを乱されてイラつく未熟なあきらに対して、あくまでマイペースなイブキさん、しっかり明日夢くんのケアを忘れないあたり見事な好青年ぶり。でも香須実さんから妙に避けられてるあたりなにか欠点がありそう(笑) 
経験の足りない二人に対して、イブキにしてもヒビキにしても頭ごなしに命令するのではなく、あくまで柔らかな口調で各々の自主性を促すに留めているのが好感。そのおかげでラストの和解のシーンが一層さわやかなになってて心地良い。

さて初公開となった威吹鬼の必殺技。察するに、ある程度銃で傷を与えてから音撃を叩き込むのかな? 前回の魔化魍戦では、響鬼に予備の太鼓を渡しただけで戦わずに帰っちゃってたけど、バケガニみたいな極端に堅い敵は不得手みたいですね。 響鬼が近距離格闘戦で威吹鬼は遠距離射撃戦なわけだけど、本来バケガニと戦う筈だった斬鬼さん達がどういうタイプなのかが楽しみ、弦を使うみたいだけどどんな戦い方になるんだろ?

 今までは世界観を紹介する意味からか苦戦するような展開はなかったけど、これから敵の方も次第に強くなっていくみたいなんで戦闘シーンももっと盛り上がりそうで楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005/03/20

〇SEED DESTINY 21話はふたつあった。

冒頭「PHASE.21 蒼天の剣」って今回22話じゃなかったっけ?
まぁ単純なミスだとは思いますが、もしかして前々回(第20話)に急遽、総集編を入れた関係で話数がずれたのでは? 1月末でやった上でまた20話で総集編ってのはかなり不自然でしたし、先月のアニメ誌でも20話はタイトル未定でしたしこの可能性は低くないかも。


さて本編の方は、久々(実に一月ぶり!)のMS戦だけど、うーん・・・。
新型MSグフの勇姿が見られなかったのは残念だし、ザフト側がインパルスとセイバーだけが戦っているようにしか見えないのはかなりマイナス。 基地から出撃してたMS群はどこで戦ってたの? レイやルナマリアのザクにしてもいい加減に空戦や海上戦用の装備を付けりゃいいのに…。折角の換装システムが泣いてますぜ。 
結局、シンとアスランのガンダムが多数の敵を相手に奮戦するという妙に既知感漂ういつもの戦闘シーンなんでイマイチ面白みが感じられない(実際にバンクシーン多かったんですけどね、インパルスがストライクになっちゃってるシーンもあったし…)

ハイネの声は許容範囲。短めのセリフだとほとんど気にならない。 にもかかわらず劇中で長いセリフ多かったのはすこし気の毒かも。 結構早い段階から西川氏が声を担当するのが決定していたみたいだったんで、シナリオの段階で、他のキャラに代弁させるなり、相づちを多くするなりしてもっとハイネのセリフを短くする工夫してやればよかったのに・・・

ユウナが前線に出てくるという展開はちと驚き。安全な後方に陣取って指揮を執る印象があったんで意外。 でもユウナ自身は、連合に利用されている事や現場から煙たがられてる事に全く気が付いてないみたいだったんで、戦死する可能性の高さに単に気付かないほど鈍感なだけかも。


ガンダムSEED(&DESTINY)に関しては、言いたいことが山ほどあるんで今後もここで定期的に扱うことになると思います。お楽しみに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/19

新装開店!いらっしゃいませ

みなさま はじめまして
しゅばるつばい と申します。よろしくお願いいたします。
あとは毒気でおぎなえ!」は、アニメ・特撮・マンガ・ゲーム・声優といったジャンルについて、私“しゅばるつばい”が気の向くままに「言いたいことをいっちゃうblogです。
主に、現在放映中の番組や連載中の作品について感想を書いていく予定ですが、たまに既に放映や連載の終わった過去の作品も取り上げていくつもりです。また感想だけでなく、作品論みたいな批評めいたものもやっていきます。

しばらくは、自己紹介の意味も込めて、感想とあわせてそれぞれのジャンルについての私のスタンスや現在視聴している作品、お気に入りの作品、思い出等々を挙げつつを語っていきたいと思います。

まず本日はアニメ作品から

現在視聴しているのは、
ケロロ軍曹、ガンダムSEED DESTINY、ファンタジックチルドレン、プリキュア、レジェンズ、舞Hime、スクールランブル、BLEACH、げんしけん、砂ぼうず、スターシップオペレーターズ、ジンキ・エクステンド、陰陽大戦記、ふたつのスピカ

この中でも一番楽しみにしているのが、現在クライマックスを迎えている「ファンタジックチルドレン
張り巡らされて伏線が次第に解かれていくのはこの上ない快感。各キャラクターの丁寧な描写と練りこまれた構成には舌を巻きます。

次点は「スクールランブル」かな、連載開始当初からファンですが原作を巧く膨らませているのはOK。ちとムラがあるもののコメディとしてツボを押さえているのも高評価です。

改編期ということで、個々の感想だけでなく、終了するアニメ作品の総論や新番組の印象なども予定してます。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

トップページ | 2005年4月 »