« 閑話休題? | トップページ | 響鬼「九之巻 蠢く邪心」「十之巻 並び立つ鬼」 »

2005/04/09

春番組第1話感想その1

『ふしぎ星の☆ふたご姫』

真っ当な女の子向けアニメ。『セーラームーン』『どれみ』等々この手の作品を多数手がけてきた佐藤順一総監督だけにこの点は安心して見ることが出来る。 本編のコミカルな表情や動きもいいが、OP・EDのキャラの動きはホントに可愛くていい
主人公二人の性格の違いもきちんと描いてるし、アイテムの説明を意図的に省いてその分二人の活躍に当てるなどテンポもいい。
しかしプロミネンスドレスアップって凄い言葉だなぁ。いやプロミネンスって聞くとつい沙羅曼蛇を思い浮かべちゃう世代なもんで・・・
あっ変身するとドリル装備になるのはポイント高いです(笑)
ターゲット的にはプリキュアよりも少し下の年齢の女の子向けになるのかな? 完全に大きいお友達向きの作品じゃないんで変に気を張らずに「ゆるゆるっ」と見るのが正しい見方かな。

『英國戀物語エマ』

原作は一巻目位をざっと読んだぐらいだが、森薫氏の絵の再現度の高さは二重丸。 カップを出すしぐさや仕事によってエプロンを着替える所等々丁寧な描写には好感が持てる。
インストゥルメンタルなOP・EDも心地よい。あえてOPでは主要なキャラを登場させず当時の世界観の描写に充ててるのかな。
 最近は若手の声優さんが主役を張ることが多いので、エマ役をベテランの冬馬由美嬢がやると聞いた時はいささか意外な感じがしたが、少ないセリフの中で感情の機微を表現していたのは流石。元からあまり感情を表に出さないキャラなだけに冬馬嬢ぐらいの実力はやはり必要なのね。
 原作がまだ完結していないだけにアニメの方でどこまで描き、どう決着を付けるのかが心配といえば心配かな。

『こいこい7』

正直ここまで褒め所がないってのも珍しい。
まずこの手の作品で絵がアレなのは致命的。 
アクションも見所がないし、ストーリーも(第1話の時点では)惹かれるものが見当たらない。
ギャグやパロディもすべり気味。ひねりが全然足りない。 本編のガンダムネタは定番ネタだけにありきたりな使い方じゃあ全然面白くない。OPにサイボーグ009のパロディがあったのは、サイボーグ繋がりだからかな?
一応2話までは見るつもりだが九分九厘切っちゃうだろうなぁ。

|

« 閑話休題? | トップページ | 響鬼「九之巻 蠢く邪心」「十之巻 並び立つ鬼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/3633778

この記事へのトラックバック一覧です: 春番組第1話感想その1:

» 近所のスーパーにふたご姫とかいうののガチャガチャがあったんです。 [有給の風邪伝説。〜どいつもこいつもツナサシミ〜]
青いのと赤いのがいたんです。 プロミネンスがどうとか言ってたんです。 どう考えても沙羅曼蛇です。 本当にありがとうございました。 参考 http://kong.blog2.fc2.com/blog-entry-96.html http://schwarzwei.cocolog-nifty.com/dokuki/2005/04/post_527a.html ... [続きを読む]

受信: 2005/11/04 13:40

« 閑話休題? | トップページ | 響鬼「九之巻 蠢く邪心」「十之巻 並び立つ鬼」 »