« 仮面ライダー響鬼「十二之巻 開く秘密」 | トップページ | ドラえもん 新生!! »

2005/04/17

SEED DESTINY感想 豪華3本立て

PHASE-24 「すれ違う視線」

今回のポイント(ツッコミ所)はアスランの行動。
アークエンジェルを探すのはいいとしてどうやって探すつもりだったんだ!
セイバーを持ち出したし、てっきり周辺の幾つかの基地を回って情報収集するとか、フェイスの権限を使って独自に探索部隊を編成するなんて方法をとるとばかり思ってたら、地道に聞き込みでもするつもりだったのか?
偶然ミリアリアに再会しなかったらどうするつもりだったのか?
それとホテルの庭先みたいな所にMSを置くのは流石に大問題だよなぁ。しかもPS装甲を展開したままだったけど補給はどうする気だったんだ。

さてそのアスランを影から見守る(笑)ルナマリアの行動も
アスランの出発時の驚きぶりからすると何かの任務での行動じゃないみたいだしプライベートでの行動にしては装備などが充実しすぎている。 アスランの離艦後に命令を受けたとも考えられるが、フェイスの称号を得る程のMSパイロットが2名もいなくなり戦力の低下したミネルバの中で、貴重なMSパイロットを単なる監視役にするなんて命令をタリア艦長が出すとは到底思えない。 第一にアスランの離艦がどれくらいの長さになるか不明だし、もしかしたらミネルバには戻ってこない可能性もあるのだから。(艦長ではなくディランダル議長の指示かとも思ったがそれならルナマリアよりもレイを使う方が自然だしなぁ)

でツッコまずにいれらない「天使湯」
たぶんオーブでお風呂といえばこのタイプなんでしょうね。今後登場するユウナのお風呂シーンがいまから楽しみです(笑)
で一番の問題なのは、こんな変な場所で、ラクスとカガリに真面目な会話をさせる製作スタッフの無神経さでしょうね。完全に世界観が台無しです

PHASE-25  「罪の在処」

いやはや慣れというのは恐ろしいモンです。OPでドムが出た位じゃ驚かなくなっちゃいましたヨ。

父の犯した過ちを償う為に、あえて故郷であるプラントに戻りザフトに復帰したアスラン。一方、父の掲げた理想を実現するため努力してきたものの力及ばず挫折し故郷オーブを離れているカガリ。 かつては公私共にパートナーとして歩んでいた二人だが、今は互いに妥協点を見出せぬまま敵対している立場なのは、その頃とは想いは変わっていないだけに皮肉なものである。
で二人の間に大きな顔してるけどここではキラは場違い。あんたって戦後はカガリの保護の下、オーブでのうのうと過ごして来ただけでしょう。しかもアスランとカガリがオーブの政界で苦労している時にも、同じオーブに居ながら動こうとしないどころかその状況を知ろうしなかったでしょうが! ラクスの襲撃という事件が自分の身に降りかかって来て初めて動き出した割りにキラはかなり偉そう。 そもそも現在のオーブの混乱の原因が、自分がカガリを誘拐した事にあるというのを自覚してるのか? 


さてミネルバの方ですが、シンとレイを調査に出しちゃうとミネルバにMSパイロットいなくなっちゃうんじゃないの? 
研究所を見て恐慌をきたすレイ。これまでロクに台詞もなかっただけにこの反応は唐突だよなぁ。 てっきりかなり昔に完全廃棄された施設かとおもったら爆弾はあるは死体はあるはで意外でした。 肝心のデータがまるまる残っているという連合の不手際も変だけど、そんなところにホイホイ調査に派遣しちゃう艦長の判断はもっと不自然。劇中でつっこみを入れるぐらいなら最初からやらせるな!

連合の変なところといえば、あんな不安定なエクステンデットにきちんと護衛や監視をつけてないのも不自然。 ステラの発進を許した今回もそうだけど、外出時にも三人だけで監視がついてないみたいなのは変じゃないかなぁ。ってよく考えたら21話でシンが助けなかったらステラって溺死してた可能性もあったわけですし、もしそうなってたらネオはどう申し開きするつもりだったのやら。

前回大袈裟に送りされたアスラン割とあっさり帰還。 タリア艦長もまさかこんなに早く戻ってくるとは思ってなかったろうなぁ(笑)

PHASE-26  「約束」

シンの莫迦ここに極まれり!!
これまでもかなりアレな発言が多かったシンだが(というよりもまともな意見を言っていた印象がない)、軍医との「艦長の許可がないと治療できない」じゃあすぐとれよっ!」って会話は極めつけだった。 いやはや主人公としてどうかとか、好感を持ちにくいキャラクター造詣はどうかとかいうレベルじゃない。 人間としてどうよ。見てて本気で殺意をおぼえましたよ。  しかもあれだけの事をしでかしてなんの罰もないというのは軍隊として以前に社会集団としてザフトっておかしいんじゃない。 
シンの行動も好意的に解釈すれば、ステラの事で常識的なことにも気が回らない程に取り乱していた故のものだとも考えられるけど、シンって普段から無礼で無神経な行動や言動が多いからなぁ。

それ以上に奇妙なのはルナマリアの扱い。 プライベートだったにせよ命令だったにせよ艦を離れてそして戻ってくるという彼女の一連の行動について、劇中でなんのフォローもされてないってのは不自然。 なんというか いつの間にか出て行って知らないうちに帰って来たって感じだ。でてここまで他のキャラに無視されると、まるで最初からルナマリアというキャラがミネルバにはいなかったのでは?という錯覚すら抱いてしまう

ピンチでフリーダムが現れるって展開はもうあきらめました(笑) 

|

« 仮面ライダー響鬼「十二之巻 開く秘密」 | トップページ | ドラえもん 新生!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/3737870

この記事へのトラックバック一覧です: SEED DESTINY感想 豪華3本立て:

« 仮面ライダー響鬼「十二之巻 開く秘密」 | トップページ | ドラえもん 新生!! »