« 仮面ライダー響鬼「第十六之巻 轟く鬼」 | トップページ | 「ケロロ軍曹」59話 »

2005/05/21

SEED DESTINY PHASE-30

なんか世間様よりも一週間ほどずれちゃってますが気にしない気にしない(笑)

珍しくシンにスポットが当たり出番は多かった今回だけど、株の方は大暴落。功績を立てて増長し、撃墜されたアスランを罵倒。前回の戦闘で知らなかったとはいえトダカを殺してただけに“いやな奴度”は急上昇。さらに個人的な感傷で捕虜であるステラを味方を傷つて強引に連れ出し連合に返す始末。ホントに救いようがないバカっぷり! でもこれは演出的に正しい。 シンの行動がどれほどバカで独りよがりで間違っているかがきちんと見てる側に分かるし、レイと艦長のやりとりからこの後シン(とレイ)に厳重な罰が与えられる事も予想できる。 さらに次回予告を見る限り、シンの「ステラを幸せに」という願いも裏切られだろう。 つまり今回のシンの一連の行動に対して相応の“報い”が与えられるのが確実なんで、ある意味で安心してシンの増長ぶりを楽しむことができた。

欲を言えば、もうちょっとシンとステラの関係を深めて欲しかった。 シンはこれまで地球軍もかつての故郷であるオーブも敵を見れば容赦なく殺していただけに、ステラをなぜそれほど助けたかったのか、その動機の強化の為に二人の関係をもう2.3段階深めておいた方がベターだろう。
ステラの受け渡しの際にシンもネオもMSを使ってたのも気になった点。 互いに戦意を見せるべきではないこのシーンにはMSは不自然。シンがネオに非武装で救急設備を持つ乗り物で来る様に指示を出す位はして欲しかった。 なにがなんでもインパルスの合体シーンを入れるってのは失笑モノ、単に合体させるだけでメカを魅力的に見えるわけではない。 ワザと分離状態で飛行して3機分の戦力があるように敵に錯覚させるなんて魅せ方もあったろうに・・・

シンとネオとのコンタクトが割とあっさり終わっちゃったのは残念。ここをもうちょっと膨らませて欲しかった。
例えば、ネオに「顔を隠した相手は信用できない。マスクを取れ」と言うシン。止むを得ず素顔をさらすネオ(シンには見せるが視聴者には見えない)、シンはその地球軍将校の顔にどこかデジャヴを感じるのだった。とか
シンを「このままザフトに戻ったら厳罰が下り最悪の場合死刑になる、それよりも地球軍に来ないか?」と勧誘するネオ。それまでステラの手前穏やかなだったシンの様子が一変し、ネオを激しく罵倒、地球軍に対して敵意を剥き出しにする。 なんてシーンがあれば尚よかった。

唐突に挿入されたタリア艦長のシャワーシーンはなに? あんななんの脈絡も無いシーンで喜ぶと思ってるならスタッフは視聴者を舐めすぎです

|

« 仮面ライダー響鬼「第十六之巻 轟く鬼」 | トップページ | 「ケロロ軍曹」59話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/4224089

この記事へのトラックバック一覧です: SEED DESTINY PHASE-30:

« 仮面ライダー響鬼「第十六之巻 轟く鬼」 | トップページ | 「ケロロ軍曹」59話 »