« 祝!高山みなみ嬢結婚 | トップページ | 仮面ライダー響鬼「十九之巻 かき鳴らす戦士」 »

2005/06/05

SEED DESTINY PHASE33

ステラの亡骸を湖に沈めるシン。降り積もる雪とあいまってここだけ見ると非常に綺麗なシーンだ。しかし深読みするとシンの行動は「ステラ第一」でかなり身勝手。その後でベルリンの惨劇のシーンが入った為、その惨状に気付かずステラだけ見るシンは余計にそう見えてしまう。
ここの回想シーンをみれば分かりやすいけど、ステラとシンってかなり特殊な精神状態のときにしか接してないんですよね。溺れた時はステラのブロックワードが発動して精神的に不安定な状態、ガイア破壊時も怪我もしてたし精神的にも弱っていた状態でした。量でも質でもシンとステラの交流の描写が出来ていない。だからシンがそこまで「ステラを大事にするのか」が納得いかないんですよね。なんだかシンは「守るべき対象としてのステラ」像を自分の中で勝手に作ってたように見える。

キラとフリーダムに復讐心を燃やすシンは逆恨みにしか見えない。これまでのシンは行動を見ると実は本当に「ステラを守り」たかったのか疑問。 単にステラが死ぬ所を直接見たくなかっただけ? だとしたらキラとフリーダムを恨むのも分かる
実はシンは「ステラを守る」ような行動はあまりしていない。普通は「守る」というとそばに居て保護下におくとか、離れていてもなんらかの支援をするとか思い浮かべるが、シンの場合違ってて、連合にステラを渡す判断をした時点で「守る」は実質的に不可能で、「守る」ことを放棄してしまっている。 もちろんシンには元々ステラを守る「責任」も「義務」も無いが、連合に渡したことで本来持ってないはずの「責任と義務」を果たしたと完全に勘違いして、満足してしまっているのが始末に悪い。 だからタリア艦長との会話で悪びれもしなかったし、シンの罪に対して不自然な処置が下った時もそれを当然の事としか捉えるとこが出来なかったのだろう。 
不自然といえば、これまでろくに会話さえもしなかったレイが、シンの肩を持っているのはやはり議長の指示なのだろうか?

アークエンジェルに収容されたネオは予想通りムウだった。ただ前作での死に様を考えるとクローンという可能性もまだ否定できない(クローンならフィジカルデータも一緒だろうし…)
 本人だとしたらどうして生きていたのか?前作で連合に反旗を翻した彼を何故ジブリールが使っていたのか?等々の疑問には本編できちんと説明してほしい。(ヘルメットを消したからOKってレベルじゃないし・・・)
そういえばアークエンジェルはネオを助けて満足したのか、ベルリンの救助活動はしてないんですね。オーブの理念に反するからなのかな(笑) お尋ね者のテロリストとしたは汚名を返上するいい機会だと思うんだけど・・・

ザクを始めミネルバのMSは修理中。28話での戦闘からどれくらいの時間が経過したか定かではないが、途中の基地でミネルバは修理してるんだからMSも補充しとけよ! ルナマリアもいつまで包帯してるんだか・・・

ディランダルが演説を開始。議長とロゴスって裏で繋がってるわけじゃなかったみたい、それとも裏切ったということなのかな。 かなり作為的だけど、やってることは情報操作としては初歩的。 用意周到だったのは、デストロイの存在とベルリンへの侵攻を知っていたからでしょうね。  これを予想できなかったジブリールは間が抜けている。そもそもデストロイの侵攻って何のためだったの? 世論はどうするつもりだったの? 隠し通せる自信でもあったのかな。
演説の時流れてた、制服姿で携帯をみる女学生や寿司屋みたいな場違いで変なシーンにももうどうでも良くなってしまった。慣れってこわいなぁ(笑)

 ここ数話の行動でシンの株はかなり低下。主人公としては失格なんで今後きちんとフォローされなきゃいけないと思うんだけど、どうするんでしょうかねぇ。いまのところ浮上の糸口すら見えないけどこのままヒールのままなの?

|

« 祝!高山みなみ嬢結婚 | トップページ | 仮面ライダー響鬼「十九之巻 かき鳴らす戦士」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/4413883

この記事へのトラックバック一覧です: SEED DESTINY PHASE33:

« 祝!高山みなみ嬢結婚 | トップページ | 仮面ライダー響鬼「十九之巻 かき鳴らす戦士」 »