« 絢爛舞踏祭プレイ日記 その3 | トップページ | 仮面ライダー響鬼 鬼の居ぬ間のしばしの休息 »

2005/07/30

第3次スーパーロボット大戦αプレイ日記 その1

首を長ーくして(2週間ほど余計に)待っていた発売日。
ついに買ってきました
「第3次スーパーロボット大戦α~終焉の銀河へ~」

主人公はトウマを選択。スーファミの第4次の頃から「1周目はスーパー系」と決めてるのとガオガイガーが序盤から登場するからって割と単純な理由で決定(笑)
4人の主人公の中で唯一人、民間人あがりのトウマ。ひょんなことから巨大ロボ「雷凰(ライオウ)」に乗つことになった為、戦闘は素人同然。 そのため戦闘のプロである剣鉄也からみっちりしごかれます。 この辺の「厳しい特訓の末、必殺技を開眼」って王道な展開がアツイ!!
現在10話あたりでまだ新規参戦組は登場せず。 仲間にいるのがスーパー系ばっかりなんで小隊を組むのにちょっと苦労気味かな。 
部隊名は結構悩んだ末に ガオガイガーにちなんで“ (ヴィクトリー)トリガーズ”に決定。勝利の鍵ってわけです。

今回システム周りがかなり整備されてて格段に遊びやすい。精神コマンドの選択がかなり分かりやすいし、小隊編成も随分簡単になりました。
ガイダンスシナリオや用語集、TIPS が充実してて敷居が低くなったのもマル
ゲームのテンポも格段に良くなってます。 戦闘中は○ボタンで早送りできるし、×ボタンでデモも途中でカットできる。セーブ・ロードもかなり早くてストレスも全く感じない。
難易度は丁度いい塩梅だけど、熟練度の取得条件が「何ターン以内にクリア」ってのが多くて結構歯ごたえがアリ。初心者は熟練度を気にしないのが吉かな。

ああ予定では「絢爛舞踏祭」を終わらせてからゆっくりやるつもりだったのに平行してプレイする羽目に・・・
まぁどっちも長く遊べるソフトだし気長にやるかな。

|

« 絢爛舞踏祭プレイ日記 その3 | トップページ | 仮面ライダー響鬼 鬼の居ぬ間のしばしの休息 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/5234717

この記事へのトラックバック一覧です: 第3次スーパーロボット大戦αプレイ日記 その1:

« 絢爛舞踏祭プレイ日記 その3 | トップページ | 仮面ライダー響鬼 鬼の居ぬ間のしばしの休息 »