« 「祝!」と代役あれこれ | トップページ | 仮面ライダー響鬼「三十四之巻 恋する鰹」 »

2005/10/01

SEED DESTINY 「最後の力」

「とってつけたような最終回」
というのが一番ふさわしいかな。

両陣営の死力を尽くした総力戦
・派手なメカアクションと壊れまくるメインメカ
・最終兵器・最終要塞の破壊
・敵の首領の死
・死者との会話
・末期の言葉を吐いて死ぬメインキャラ
   
等々最終回“っぽい”要素はあるものの、そのほとんどに物語上の意味や意義、意図が不足している為、唐突で浅薄な印象しか受けない。

例えば
キラvsレイの戦いにしても、前回の会話で唐突に一方的な因縁が作られた為に、物語の上での意味は無いに等しい。 “クルーゼ”の名前を持ち出しても、元々キラとクルーゼの関わりが極薄いものである為に効果は薄い。 それでいて本来クルーゼと因縁が深いフラガ(ネオ)との絡みが全く無いのだから始末が悪い。 何の為にフラガを生き返らせたの?

キラとディランダル議長の会話シーンもそれまでの流れを無視。
これまで全く接点のなかった両者を対峙させてもさして面白くないし、またキラの演説(?)を聞いたレイがあっさりと翻意し議長を撃つのもそれまでの経緯を鑑みればかなり唐突。せめてキラの代わりにアスランを、レイの代わりにシンを配役すればマシになった気がするけど。

レイの最期のセリフも全く唐突。 
レイはディランダルやクルーゼと関わりが深く、どちらかといえば“父性”を求めていたキャラであるし、またこれまでタリア艦長とも軍務以外の会話をすることがなかっただけに「おかあさん」という言葉が出たのはかなり違和感を感じた。 ここでタリア艦長が、衝動的に議長を撃ってしまったレイをかばって「撃ったのは私よ」と母性を発揮してくれればまた違ったのですが・・・

物語としても全く決着がついてないんでカタルシスが全く得られなかったし、それどころかなにひとつ心に残るものがない。
一応全50話すべて見たけれど「何が言いたかったのか?」「何を伝えたかったのか?」というのが全然わかりませんでした。
なんというか“味もしない”“栄養価もない”料理も延々食べさせられたような感じでしょうか。
キャラにしてもメカにしても世界観にしても、素材自体は悪くないハズなんですが、どうしていざ料理になると持ち味を殺されてしまうんでしょうか。不思議でなりません。

来年2月に発売されるDVD最終巻に40分ものスペシャルエピソードが収録されるみたいですが、別尺が短かったからこういう出来になったわけじゃないですし、たかが40分程度追加したぐらいでどうなるものでもないと思うけどなぁ。

この作品に関しては言いたい事が山ほどあるんですが、なかなかまとまりません。
というわけで上手いことまとまればこのblogにUPしたいと思います。
ホント反面教師としては最適な作品なんですよねぇ。

|

« 「祝!」と代役あれこれ | トップページ | 仮面ライダー響鬼「三十四之巻 恋する鰹」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/6207214

この記事へのトラックバック一覧です: SEED DESTINY 「最後の力」:

« 「祝!」と代役あれこれ | トップページ | 仮面ライダー響鬼「三十四之巻 恋する鰹」 »