« 新年のご挨拶 | トップページ | 親父にもあがられた事ないのに・・・ »

2006/01/02

2005年のアニメを振り返って

ホントは年末にやりたかったネタなんで少し今更感が漂いますが、昨年2005年に観たTVアニメ作品で印象に残ったもの3ずつあげたいと思います。

オススメ作品
・ファンタジック・チルドレン
 序盤のとっつきが弱いものの、バラバラだったパズルが次第に出来上がっていくかのような感覚が味わえる作品。

・ARIA the Animation
 あんまり“癒し”って言葉は好きじゃないんだけど、観てる間はホントに癒されっぱなしでした。降参です。 ゆったりしたテンポながらキャラや世界観の説明といった要素をきっちりと入れた第一話はまさに職人芸。ラスト3話はどれを最終回にしてもおかしくないクオリティでした。

・ぱにぽに だっしゅ!
 面白さを文章化しづらいんだけど、毎回お腹を抱えて笑ってました。アバンから次回予告のイラストまで徹頭徹尾“笑い”を提供する姿勢には脱帽。

ベストエピソード
・「鬼の衣」 ぱにぽに だっしゅ! 第21話 
 芹沢さん役の沢城みゆき嬢の熱演が素晴らしい。ホントにベッキーそっくりでビックリ! 視察に来たPTAの面々が昭和30年代の特撮キャラのお面をかぶっている等々“ネタの濃さ”も際立った一話。黄金バットのナゾーが判らなかったのが悔しかったなぁ(笑)

・「時の河を越えて」 かみちゅ!第8回
 戦艦と巡洋艦の違いも分からないほどミリタリー関係には疎くて“大和”には全然思い入れはないんだけど、号泣してしまいました。

・「巡る節季(とき)の中で」 陰陽大戦記 最終回(第52話) 
 教科書にしたいぐらいの最終回らしい最終回。 丁度最後の一粒を食べ終わって満腹になったときのように見終わった後の充実感と清々しさがいい。

ベストOPテーマ
・黄色いバカンス「ぱにぽに だっしゅ!」
 一時期バカみたいに繰り返し繰り返し見ていたOP。ベッキーのニヤリとした口と植木鉢になるシーンがお気に入り。

・晴れのちハレ! 「かみちゅ!」
 だまって俺についてこい(笑) あのテロップの出し方をみて「もーれつア太郎(一作目)」のOPを思い出してしまった。テンポもいいんだけど、OPだけできちんと世界観やキャラクターが伝わってくるのが素晴らしい。

・プリンセスはあきらめない 「ふしぎ星のふたご姫」
 あのダンスを見るたびに思わずホホがゆるんでしまうんですよぉ(笑)

ベストEDテーマ
・ありのままでlovin’U 「ゾイドジェネシス」
 歌自体のインパクトの凄いんだけど、終盤、全キャラが揃って思い思いの動きで踊るシーンが好き。

・秘密基地 「交響詩篇エウレカセブン」
 ワンカットでの流れるような動画が圧巻。いやこれって技術的にものすごい事なんですよ!

・アイスキャンディ 「かみちゅ!」
 ゆりえ様がマラカス持ってるのは声がMAKOさんだからなのね。途中の手をたたくシーンと終始やるきのなさそうに演奏する光恵が好き。

○番外:「ぱにぽに だっしゅ」の一連のED 
 
毎回変わっててどれも印象深いんで番外扱いで。 伊藤さんだらけだった第三話はかなりショックでした(笑) 仕事人ちっくな24話の「雪月花」はテロップの出し方までこだわってるのが可笑しい。

ベストキャラ
・アリア社長 「ARIA the Animationn」
 おしりが無防備すぎます(笑) 

・プッチャン 「極上生徒会」
 極上生徒会という作品は彼の為にあったのだ!(断言)

・一条妹 「ぱにぽに だっしゅ」
 お姉さんの方もいいキャラなんだけど、妹さんの三日月形の口が好き。 ところで着ているのってスカートなの?それともかぼちゃパンツ?モンペ?

以上、それぞれ3つに絞るのにかなり難儀しました。
「フルメタTSR」「エマ」も挙げたかったけど泣く泣く我慢しました。あとまだ視聴途中なんで「はちクロ」「ガンxソード」は除外。

最後に・・・

ザンネンな作品
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」
「JINKI EXTEND」
「スターシップ・オペレーターズ」

  「SEED DESTINY」は言わずもがな。残り2作品はあまりにも説明不足。物語上必要な要素が伝わってこないのはダメでしょ。

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 親父にもあがられた事ないのに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/7967793

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年のアニメを振り返って:

« 新年のご挨拶 | トップページ | 親父にもあがられた事ないのに・・・ »