« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/30

挑戦!!ロボットアニメタイトル当てクイズ

今週のfm GIG ムーンライトブレイク月曜日で取り上げられてた
ロボットアニメタイトル当てクイズ100問に挑戦してみました。

結果はおしくも96点

うーん残念。
アストロガンガーから蒼き狼たちの伝説までをカバーする古参のロボットアニメファンとしては満点を狙ってたんだけどなぁ・・・
またまだクンフーが足りないか・・・

ちなみに間違えたのはVS騎士、NG騎士、合身戦隊、電脳冒険記の4つ
前の2つは不覚にも逆に答えちゃいました。

本放送や再放送で見てたのはほぼ完璧。OPが歌えるのも歌詞の中に出てくるのもあるんでだいたい答えられました。 小さい頃から憶えてたのも多かったなぁ。当時から記憶力をこっち方面で使ってたおかげかな(笑)

この手のクイズって逆のパターンだと(例えばガンダムから機動戦士を答える場合)結構難しくなりそう。

これって特撮ヒーローモノでも作れそうですね。戦隊モノだけで30作品近くありますし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

中国版シンデレ~ラ

感想こそ書いてないものの轟轟戦隊ボウケンジャーは毎週楽しみに見てます。
今週はシンデレラネタの[Task.26 ガラスの靴]
ピンクメインの回でさくら姐さんびいきの私としては大満足の内容。
そうかぁさくら姐さんっていいとこのお嬢様だったのかぁ・・・・

劇中にあった「中国にもシンデレラと同系(同形?)の物語がある」ってブルーのセリフに
「ああそういえば以前聞いたことがあったなぁ」と思いちょっと調べてみました。

中国版のシンデレラの名前は葉限
唐の時代(9世紀ごろ)に書かれた『酉陽雑俎』という本に載っているもので、元々は唐よりも南方のベトナムあたりの伝説。

ストーリーを要約すると

秦、漢時代以前、呉氏には妻が二人いたが、うちひとりが葉限という娘を残して死んでしまう。その後呉氏も死んでしまうと葉限は継母にこき使われ、きこりや水汲みを強いられる。葉限は水汲みの折に一匹の金色の目を持つ魚を見つけ密かに大事に飼う事にする。それを見つけた継母はその魚を「美味い美味い」とこっそり食べてしまう。葉限が魚がいなくなった事を嘆いていると仙人が現れ「継母の捨てた魚の骨を捜して、その骨に祈れば願いがかなう」と言う。言われたとおりに骨を捜して祈ると衣装や食料が出るではないか。 葉限は村の祭りに骨から出した翠紡の衣と金の履をはいて出るが継母と妹(継母の実子)と出会ってしまい慌てて帰る。その時落とした金の履の片方を拾った村人は近隣の陀汗国で売る。この履は陀汗国の王の手に渡ったが、毛のように軽く石を踏んでも音ひとつ立てない珍しいものだったが国中の誰にも合わない。 陀汗国王は履がはける者を探していたがようやく葉限を見つける。 翠紡の衣とこの履をはいた葉限は天女のように美しかったという。 陀汗国王は葉限を魚の骨とともに陀国に連れ帰り妻とした。 継母と妹は飛石に撃たれて死んだ。

こうして見ると「継母のいじめ」「残された片方の履(履)」「靴の持ち主探し」「ハッピーエンド(玉の輿)」といったシンデレラの要素がきちんと入っているのが分かる。 ちなみに「ガラスの靴」や「かぼちゃの馬車」といった要素はシャルル・ペローが付け加えたものらしい。

余談ですが、ボウケンジャーの劇中にも登場したシンデレラの姉;クロリンダを放送中ずっと"黒リンダ"だと勘違いしてました。
いやぁ「腹黒だからそう呼ばれてたのかなぁ」とか「もう一人の姉は"白リンダ"か"赤リンダ"なのか」なんて思ってました。  は・恥ずかし~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

崇りと祟り

最近WEB上で立て続けに
たたり=崇り と表記されてるのを目にした。

「たたり」「崇」を使うのは誤りで正しくは「祟」の字

気になってGoogleでざっと検索してみると
正しい「祟り」が約 490,000 件のヒット
間違った「崇り」が約 28,500 件のヒット
大雑把に言えば18人にひとりが間違えている計算。

「崇」は、訓読みでは崇める(あがめる)、崇ぶ(とうとぶ・たっとぶ)
崇拝とか崇高なんて熟語があるように、意味の上でも「たたり」なんて否定的なニュアンスは無い。

ここでふと疑問が・・・
手書きで字が似ている「崇」「祟」を間違えるのならまだしも、
文字を打てば正しい漢字に変換されるハズのパソコン上で
こんなに間違いが多いのはじゃないか?

その原因は変換ソフトにあるみたい
どうやら「たたり」という言葉を変換すると
正しい「祟り」だけでなく誤った方の「崇り」も候補に挙がってしまう。
うちはMicrosoft IMEだけど「たたり」で「崇り」と「崇り」の両方とも出てきてしまいました。

不思議なことに「たたる」では「祟る」の方しか変換されません。
Googleでも
「祟る」が約 46,900 件に対して「崇る」はわずか 約 794 件。

やはり「崇り」の誤字が多いのは間違った方が登録されているせい?

それにしてもなんでわざわざ間違ってる「崇り」が登録されてるんだろう。
ATOKでもこうなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

名優・戸谷公次さん死去

ホントにショックな出来事は重なるものですね。

鈴置さんに続くように届いたのは
ダンディーな声の名優・戸谷公次さんの訃報。

古谷徹さんのBBSでのコメントを見るまで信じられませんでした。
しかも半年も前の2月6日にとは・・・
確かにそのころからナレーション等でお声を聞かなくなったいたけど、まさか亡くなっていたなんて・・・
ああっ3月に劇場版ZⅢで声を聞いたときには既に鬼籍に入られていたのか・・・
公表されなかったのはご遺族の意向が大きいでしょうが、なんだか名脇役として活躍された故人を象徴するようにも感じてしまう。

デビュー作「ガイキング」を始め、本当に様々なロボットアニメに出演。特に80年代のサンライズ系ロボットアニメには欠かせない名優でした。個人的にはハッシャ・モッシャエルガイム)とゴットン・ゴーガンダムZZ)が印象に残っています。また「北斗の拳」「聖闘士星矢」、「ドラゴンボール」といった東映作品にも欠かせない声でした。 「キン肉マン」でのアナウンサーの軽妙な演技と五分刈刑事の渋い演技とのギャップが好きでした。

偉大なバイプレイヤーのご冥福を心よりお祈りします。

それにしても、独特のダミ声でドカベンの徳川監督やドラゴンボールZの老界王神を演じられていたベテランの野本礼三さんが亡くなられたり、SDガンダムフォースやハチクロで活躍中の神谷浩史さんが交通事故に遭われて入院されるなど 、声優関連で最近よくないニュースが続いてるなぁ

※はてな等では「サイボーグ009」の008役がデビュー作になってるけど、正確には「ガイキング」がデビュー作。「009」は役名がついた最初の作品ってことなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

鈴置洋孝さんを偲んで

8月6日に亡くなられた鈴置洋孝さん
最初はホントに信じられませんでした。
 5月には舞台直前に持病の頚椎ヘルニアが悪化して公演が中止になったというニュースが流れましたが、程なく回復されたと聞いて安心していたのですが、体調不良のため7月初めから入院されていたとのことです。

 おそらく一番の代表作といえば「機動戦士ガンダム」ブライト艦長役でしょうが、世代的にストライクなのは「聖闘士星矢」ドラゴン紫龍の方。 「無敵鋼人ダイターン3」破嵐万丈「ゴーショーグン」北条真吾といった「洒落っ気のある粋な大人の男」「キャプテン翼」日向小次郎「F」「ミスター味っ子」小西和也といった「野心的なライバル」キャラも印象的でした。

 鈴置さん=二枚目キャラという印象があったんで「パトレイバー」内海課長を演じられると聞いたときは「ちょっと(声が)カッコ良すぎじゃない」思ったのを憶えてます。(いや内海課長は好きなキャラなんですが・・・) でも一度聞くと鈴置さん以外の声って思い浮かばないほどハマってたんですよね。
 いやコミカルな演技もいいんですよね。「逆転イッパツマン」ナレーションとか「超力ロボ ガラット」カミルカミーグの二役での掛け合いが好きでした。 シュラト」インドラ「テッカマンブレード」フリーマンといったシリアスキャラがドラマCDではコントを演じるというギャップも好きだった。特にインドラの歌が今でも耳に残ってます(笑)

ここ数日は、手持ちの「ガラット」や「ダイターン3」、「ガルビオン」のビデオを見つつ涙を流してます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

不吉な噂?

さきほどネットで
声優の鈴置洋孝さんが肺癌のため亡くなられたというニュースを見ました。

しかし
情報ソースが見つけられませんでしたし
所属している賢プロでも現時点(8/10の20:30)では何も発表がないし
こういうときにいつも情報が早い古谷徹さんのHPにも情報がないんで誤報の可能性も・・・

いや個人的には誤報であってほしいんですが・・・

21:00追記
こちらの
asahi.comに訃報の記事が出てました。

嗚呼・・・本当だったんだぁ・・・
誤報だと思っていたかったのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

しゅばるつばいのナツ100

というわけで100作品リストアップ完了。
ついている番号はあくまで便宜上のもの
好きな順って訳じゃないです。

 1. デビルマン  永井豪
    終盤の展開は圧巻。TV版しか知らない人は是非
 2. バイオレンスジャック  永井豪
    作品から出るバイタリティが凄い
 3. イヤハヤ南友  永井豪
    保健体育合戦が馬鹿馬鹿しくも興奮する
 4. 火の鳥  手塚治虫
    異形編が好き
 5. MW  手塚治虫
    悪役の結城が魅力的
 6. サイボーグ009  石ノ森章太郎
    最終回が読みたかった
 7. 人造人間キカイダー  石ノ森章太郎
    ラストシーンが物悲しい
 8. しましま曜日  竹本泉
    ファンになったきっかけのひとつ
 9. よみきりもの  竹本泉
    読みきりの連載ってある意味反則なタイトルだよなぁ
10. さよりなパラレル  竹本泉
    3メートル真上ってネーミングセンスがすごい
11. プラモ狂四郎  やまと虹一
   レッドウォーリアが好き 
12. プラレス3四郎  牛次郎・神矢みのる
   マッドハリケーンがサイコー
13. 超人ロック  聖悠紀
    ファン歴10年程度ではまだ若輩者
14. ゲッターロボ號  石川賢
    真ゲッターの登場は衝撃的でした
15. 覚悟のススメ 山口貴由
    独特のセリフのリズムがここちよい
16. THE MOMOTAROH  にわのまこと
    ひき逃げアタックッ!!
17. マップス  長谷川裕一
    SFマンガの金字塔! 
18. 轟世剣ダイソード  長谷川裕一
    最初から最後まで燃えまくり
19. 逆襲のギガンティス  長谷川裕一
    死者の力を否定するジュドーのセリフが熱い。
20. 逆境ナイン  島本和彦
    読むたびに体温が上がる
21. 炎の転校生  島本和彦
    必殺ッ暗黒流れ星ッ!!
22. スカルマン   石ノ森章太郎・島本和彦
   石森風でありながら、ちゃんと島本作品になってるのがすごい
23. 寄生獣  岩明均
    2巻の表紙に惹かれて読み始めた
24. プラネテス  幸村誠
    三巻は読むだび泣いてます
25. 究極超人あ~る  ゆうきまさみ
    こんな高校生活が送りたかった
26. スケバン刑事  和田慎二
    サキの侠気に惚れた
27. 超少女明日香 和田慎二
    フラッパー版がきっかけで和田慎二にハマリました
28. ピグマリオ  和田慎二
  世界で一番カッコイイのは火の神ペレだ(笑)
29. キン肉マン  ゆでたまご 
  読んでる時はアラが気にならなかったから不思議
30. 聖闘士星矢  車田正美
    一巻から買った初めてのマンガ
31. ウイングマン  桂正和
  特撮への愛が溢れる
32. うしおととら   藤田和日郎
   全員集合なラストバトルは燃える
33. からくりサーカス  藤田和日郎
    序盤の鳴海が"いなくなる"シーンで泣きました
34. ゴールデンラッキー 榎本俊二
    かまくら~が好きだぁ
35. イグアナの娘  萩尾望都
   変に分析したりせずに素直に読みたい作品
36. ディスコミュニケーション  植芝理一
   中盤の夢の中の世界が好き
37. ハネムーンサラダ  二宮ひかる
    最初、作者は男性だと思ってました
38. 強殖装甲ガイバー   高屋良樹
     展開の遅さにもすっかりなれちゃいました(笑)
39. 火星人刑事   安永航一郎
    火星は公転周期が長いからよ!
40. 頑丈人間スパルタカス  安永航一郎
     ヌードフェンシングは最強の格闘技だ!
41. グラップラー刃牙  板垣恵介
     個人的ベストバウトは独歩対勇次郎戦
42. 大甲子園   水島新司
    対青田戦は野球マンガ史に残る名勝負
43. ドラゴンクエスト ダイの大冒険 三条陸・稲田浩司
    ハドラーの死に様に涙
44. 宇宙家族カールビンソン  あさりよしとお
    立ち読み中に我慢できずに声を出して笑ってしまった
45. 八神くんの家庭の事情  楠桂
    ドラマ版はなかったことに・・・
46. ヨコハマ買出し紀行  芦奈野ひとし
    こんな穏やかな黄昏なら迎えてもいいかも?
47. 気楽に殺ろうぜ   藤子F不二雄
    論理的に正しい医師のセリフが可笑しい
48. セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん うすた京介
    そしてトシコは今~っ!
49. あずまんが大王   あずまきよひこ
    スッパリとした終わり方がいい
50. あまいぞ!男吾  Moo.念平
    これぞ少年マンガ!!
51. エリア88  新谷かおる
    外泊証明書にはサインはするな!
52. ふたり鷹  新谷かおる
    真の主役は緋沙子さんだよなぁ
53. ファントム無頼   史村翔・新谷かおる
    フライトSLGでついF-4を選んじゃう
54. 俺たちのフィールド
     アルゼンチン編が好きだ
55. おやつ   おおひなたごう
     パワーホライズンが最高(笑)
56. フェイスガード虜   おおひなたごう
    とぐろ師匠がCOOL
57. 百億の昼と千億の夜   光瀬龍・萩尾望都
    原作とはまた違った魅力が・・・
58. かってに改蔵   久米田康治
    地丹くんも最初は普通の等身だったんだよなぁ
59. ジョジョの奇妙な冒険  荒木飛呂彦
    第四部が好きだ
60. 魔少年ビューティー  荒木飛呂彦
    当時はかなり怖かったなぁ
61. 最終兵器彼女   高橋しん
    終盤は震えながら読んでました
62. バジリスク  せがわまさき
    続きが気になって原作を読みそうになった
63. キャットルーキー  丹羽啓介
    長期連載だった割にマイナーな不遇な作品
64. 砂漠の野球部  コージィ城倉
     マンガ拳法がツボ
65. 史上最強の弟子ケンイチ  松江名俊 
     前作からファンでした 
66. 最狂超プロレスファン列伝  徳光康之
    ラストはプロレスファン以外にも来るものがある
67. 花マル伝(新・花マル伝) いわしげ孝
    これぞ少年漫画!掲載は青年誌だったけど・・・
68. 死神くん  えんどコイチ
    とんちんかんよりこっちが好きでした。
69. ブレイクエイジ  馬頭ちーめい
    やっと時代が追いつきそう
70. こどものおもちゃ  小花美穂
    アニメから入ったけど原作も泣けました
71. スプリガン   たかしげ宙・皆川亮二 
    スピード感とディテールが魅力的
72. エアマスター 柴田ヨクサル
    終盤はテンションあがりまくり
73. パラノイアストリート  駕籠真太郎
    透明の町がツボ
74. 銭ゲバ  ジョージ秋山
    リアルタイムで読みたかった
75. GS美神 極楽大作戦!!  椎名高志
    個人的にアシュタロス戦後の雰囲気が好き
76. 機獣新世紀ZOIDS  上山道郎
    打ち切り騒動の影響で読み始めました
77, 田中圭一最低漫画全集 神罰  田中圭一
    ホントに最低だ(ホメ言葉)カバー裏に爆笑
78, 桃色サバス  中津賢也
    番外の西遊記が爆笑モノ 
79, 魔太郎がくる!  藤子不二雄A
    この恨みはらさで奥秩父
80. 狂四郎2030  徳弘正也
    表面の下品さに隠された深いテーマが滲みる
81. 地上最強の男 竜  風忍
    ネタとしてだけ読むのはもったい。不思議な魅力に溢れてます
82. スプリンター  小山ゆう
    どんどん走る事にとり憑かれる主人公がある意味こわい
83. 4P田中くん  七三太朗・川三番地
    決して折れない主人公が読んでて心地良い 
84. Dr.スランプ    鳥山明
    やっぱりこのメカと世界観はすごい
85. 三国志   横山光輝
    最近全巻読破しました
86. マーズ  横山光輝
    ラストがうわぁぁっ!!
87. 孔雀王  荻野真
    黄海峰がかっこいいッス
88. 県立海空高校野球部員山下たろーくん  こせきこうじ
    さすらいの賭博師・須永がお気に入り
89, ゴッドサイダー  巻来功士
    メタルKからのファン。つい2も読んでしまう
90. THE ビッグオー  有賀ヒトシ
    マンガ版(Lost Memory)のベックは怖い 
91. 死刑囚042  小手川ゆあ
    ただただ涙するばかり
92. ショー☆バン  森高夕次・松島幸太朗
    番太郎の子供っぷりがある意味リアル
93. たのしい甲子園  大和田秀樹
    パッソルと釘バット
94. ハイパーあんな  近藤るるる
    おろし丸が可愛い。
95. よろしくメカドック  次原隆二
    ロータリーが最高だと刷り込まれました(笑)
96. ロボこみ   やぎさわ景一
    ホントは副委員長な委員長がイイ
97. りびんぐゲーム  星里もちる
    読んでた時はいずみちゃんと同い年だったんだよなぁ・・・
98. 洗礼  楳図かずお
    頭に穴の開いた絵がトラウマに
99. フルアヘッドココ   米原 秀幸 
    海賊マンガといえばこっちでしょ!
100. コータローまかりとおる!  蛭田達也
    デビュー作がずっと続いてるってのもスゴイ

                        「.csvファイル」

基本的に作家で集めてる方なんでちょっとリストアップに苦労しました。
レギュレーションで上げられなかった作品やコメントし足りなかった作品は
別の機会にでも取り上げる予定

うっかりファイブスター物語を入れちゃってたんでこっそり手直

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/05

漫画100選 「ナツ100」参加表明

えーと皆様おひさしぶりです
なんやかやで約二ヶ月ぶりの更新になっちゃいました。

途中 模様替えだけで力尽きちゃったしなぁ・・・・

というわけで

こちらで企画されている漫画100選 「ナツ100」に参加します。

マンガ選考基準
・連載が終了しているもの
・連載中のものは20巻以上発行されている物
・現在でも比較的手に入りやすい、読みやすいもの。
      (古本屋とか 漫画喫茶とかで手に入る 読める)
・最低ラインは50個です。(100個選べない人用)

って公式ルールがありますが加えて
・同一作家の作品は3つまで
というのを自分ルールとして選考したいと思います。

今のところリストアップできたのは80作品ぐらい。

明日あたりブックオフに寄って洩れてた作品をチェック
ひと言ずつコメントつけてなんとか期日(7日)までにアップする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »