« 名優・戸谷公次さん死去 | トップページ | 中国版シンデレ~ラ »

2006/08/23

崇りと祟り

最近WEB上で立て続けに
たたり=崇り と表記されてるのを目にした。

「たたり」「崇」を使うのは誤りで正しくは「祟」の字

気になってGoogleでざっと検索してみると
正しい「祟り」が約 490,000 件のヒット
間違った「崇り」が約 28,500 件のヒット
大雑把に言えば18人にひとりが間違えている計算。

「崇」は、訓読みでは崇める(あがめる)、崇ぶ(とうとぶ・たっとぶ)
崇拝とか崇高なんて熟語があるように、意味の上でも「たたり」なんて否定的なニュアンスは無い。

ここでふと疑問が・・・
手書きで字が似ている「崇」「祟」を間違えるのならまだしも、
文字を打てば正しい漢字に変換されるハズのパソコン上で
こんなに間違いが多いのはじゃないか?

その原因は変換ソフトにあるみたい
どうやら「たたり」という言葉を変換すると
正しい「祟り」だけでなく誤った方の「崇り」も候補に挙がってしまう。
うちはMicrosoft IMEだけど「たたり」で「崇り」と「崇り」の両方とも出てきてしまいました。

不思議なことに「たたる」では「祟る」の方しか変換されません。
Googleでも
「祟る」が約 46,900 件に対して「崇る」はわずか 約 794 件。

やはり「崇り」の誤字が多いのは間違った方が登録されているせい?

それにしてもなんでわざわざ間違ってる「崇り」が登録されてるんだろう。
ATOKでもこうなのかな?

|

« 名優・戸谷公次さん死去 | トップページ | 中国版シンデレ~ラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/11564582

この記事へのトラックバック一覧です: 崇りと祟り:

« 名優・戸谷公次さん死去 | トップページ | 中国版シンデレ~ラ »