« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/28

ゼーガペイン#26「森羅万象(ありとあらゆるもの)」

感想こそ書いてなかったけどゼーガペインは毎週楽しみに観てました。
いやぁ面白かった。

最終回、シズノ先輩のモノローグから入る始まり方が実にいい。

前回、舞浜サーバー内で復元者を撃退し実体化システムを持ち帰る目処がたち物語的にある程度決着がついたんで
今回はまるまるエピローグ的な最終回になるのかなぁと思ってけど予想に反してもうひと波乱ありましたか!

「おれはもう・・・つぶれねぇーっ!」

カミナギとシンとのやりとり
シンにとって前回受けたダメージは特別だったのかな。舞浜サーバ内にいたのは単に脱出できなかったのか?それとも最期にカミナギに会って話たかったのかな?

「そんなの俺が知るかッ 自分で考えろバーカッ!!」
キョウとアビスの肉体を持ったもの同士の殴り合い
あのまま殴り合いで決着つけてほしかったなぁ(それだと生々しすぎるか・・)
アビスは一発喰らっただけで悶絶してたけどもしかして復元者って打たれ弱いのだろうか。
それとも生物として欠点(欠陥)があるのだろうか。
復元者と人間(幻体)との違いって"自分で考える"ことが出来るかってことなんだろう。
あくまでもナーガの代理でしかなく自律した存在ではない。
シズノ(イェル)とアビス・シンの違いもその辺りか?

闘い終わって・・・
キョウの家族のシーンは実体化したキョウのみる夢だろう。
クロシオのあのセリフはそのままイリエに告白するかと思ったゾ(笑)
記憶をなくしたシズノ先輩、それでもキョウのことだけは憶えていると思いたいな。

「俺は・・世界のありとあらゆるものとガチンコで触れ合いたかった」
現実世界をひとり肉体をもって生きるキョウ
カミナギや他のセレブラントのおかげでそれほど寂しくなさそうなのが救い。
本人はかなりポジティブに受け入れてるけど状況としてはかなり過酷。
ラストシーンの灯台の朽ち果て具合(傾き草が生い茂ってる)から考えると
リゼレクション(実体化)システムが完成するのに数十年かかったと見るべきか?

そうするとラストの段階ではキョウはもう死んでいて
カミナギはキョウの凍結精子か何かで身篭った可能性もあるなぁ。

相手はキョウ以外ありえないでしょうけど・・・

個人的にこういう「描きすぎない最終回」ってのは好き。
深読みしていけばかなりネガティブな解釈も出来るけど
観終わった後にすがすがしさが残るのは
ストレートで気持ちのよいバカというキョウのキャラクターのおかげだろう。

世界観や設定がかなり複雑なこの作品が
テーマがぶれたり方向を見失ったりせずに最終回まで来たのは
キョウの主人公としての功績が大きい。

戦闘シーンが全体的に軽いという欠点はあるものの
(この辺りは演出としてそういう意図があっただろうけど)
創る側の語りたいものがハッキリしていて
26話かけてそれをきちんと見せてくれた
そういう良い作品だったように思う。

「ゼーガペイン」についてはいくつか語りたい事もあるので
近いうちにまた書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

曽我部 和恭さん死去

破裏拳ポリマー鎧武士ポリマー)役やパタリロバンコラン役等で知られる
声優の曽我部和恭さんが9月17日に食道がんの為、亡くなられたそうです。

情報ソースは古谷徹さんのHP
声優業を2000年に引退されて以後は古谷さんにも連絡が取れなかったとの事
それでスラップスティックのCDが再販された時も曽我部さんの姿だけなかったのか・・・

曽我部さんといえば、J9シリーズアイザック、シュテッケン、ブルース闘将ダイモス夕月京四郎といった知的でスマートなキャラの印象が強いですね。
ヤットデタマン時ワタル元気爆発ガンバルガーヤミノリウスといったコミカルな演技も魅力的でした。
ゲームではメタルギアソリッドサイコマンティスの怪演が忘れられません。
個人的にはボルテスV峰一平役が思い出深い。
最初に曽我部さんの声を脳内にインプットしたのがこの役でした。


曽我部さんのご冥福を心よりお祈りします。

最近は声優さんの訃報の時ばかり更新してる気がするなぁ。
でもファンとしてショックが大きいだけに
「どうしてもなにか書いておきたい!」
そう思っちゃうんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/09/08

同じネタじゃだめですか?

エヴァンゲリオンが劇場版4部作として制作が決定された。
物語の時間軸はTVシリーズと同じ
内容はリメイクでも作り直しでもない”新作"とのこと

10周年という事で関連商品が出たりパチンコ・パチスロ機が好評だったり、実写映画化が製作中だったりと兆候や噂があったんでそこまでの驚きはしなかったけど、完全新作だったのは正直、意外。
第一弾(前編)の公開が2007年初夏ということだけど、仮に半年に1作のペースとして完結編の公開が2009年初めぐらいかな?
実写版の公開とどっちが早いだろう(笑) そのころにはマンガ版も完結してるかなぁ。

さて今回の「エヴァ」だけでなく「ボトムズ」「ダンクーガ」といった昔のロボットアニメの新作の発表が最近続いた。
こういう既存の作品の続編やリメイクに対して「ネタを使いまわすな」とか「今更引っ張り出して・・・」とか「他にネタが無いのか!」と脊髄反射的な反応をする人がいる。
まぁ私も基本的に今までに見たことがないような新しい作品を見てみたいし、オリジナルの作品は「新しいものを生み出そうとする志」だけでも評価すべきと思ってるんで、そういう気持ちもよく理解できる。 
だからといって続編・リメイクであるという点だけを取り挙げて、その作品を否定するようなことはしたくないし、出来不出来を論じるなんて絶対したくない。
そういう続編・リメイクという言葉に目くじらを立てる人たちって、無条件に歓迎するファンや賛成派をよく否定してるけど、ベクトルが違うだけで結局はやってることは同じなんじゃないかなぁ。 食べもせずに看板で味の良し悪しを決めているわけだし・・・

原典や元になった作品っての単なるネタ(素材)に過ぎないわけで、確かに重要な要素だけどそれだけで作品のすべてが決まるもんでもない。
そのネタをどう料理するかってのも重要じゃないのかな。
同じネタを使っても全く違う料理法や味付けをしている作品もあるし、全く違う素材・材料を伝統の料理法で作っている作品もある。
ありふれたネタを使っていながら斬新な料理法によって全く新しい作品なってるものもある一方で、ネタや設定が新しく魅力的なのに稚拙な料理法のために台無しになっている作品もある。

例えば『ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU』の場合
30年近く前の素材を使い、伝統的な(王道な)料理法で作られているが、それでありながら前作(大空魔竜ガイキング)とは全く違う魅力的な味を作り出している。まだ放映途中で料理として完成はしていないが"名作"になりそうな予感がある。
ネタとして新鮮であるに越した事はないけど、それが出来上がった料理の美味しさに繋がらなければ意味はない。
極端なことを言えば、どんな素材を使おうが、どう料理しようが、或いはどんな名前がついていようが私は構わない。最終的に出来上がったものが面白ければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

特撮ヒーロータイトル当てクイズ

先日のロボットアニメタイトル当てクイズに触発されて
特撮版の問題を作ってみました。
問題は全部で100問
出題範囲は特撮ヒーロー・ヒロイン、特撮コメディモノです。

答えは〔 〕の中を反転させると書いてあります。
答えが複数ある問題はそのうちひとつを答えていただければOKです。
 例)
 快傑[      ] の場合、[ズバット][ライオン丸][ハリマオ
     いずれかが答えられれば正解です。

魔法戦隊   マジレンジャー    
超星神 
  グランセイザー    
特救指令 
  ソルブレイン   
恐竜戦隊 
 ジュウレンジャーorコセイドン 
巨獣特捜
 [  ジャスピオン      
光の戦士
   ダイヤモンド・アイ   ]
百獣戦隊 
[  ガオレンジャー    
おもいっきり探偵団 
 [  覇悪怒組   
大鉄人 
    17     
忍者
   キャプター      

大戦隊 [  ゴーグルファイブ   
どきんちょ! [   ネムリン   ]
忍者部隊 [   月光       
人造人間 [  キカイダーorハカイダー  ]
宇宙の勇者 [   スターウルフ    ]
美少女仮面 [   ポワトリン      ]
スーパーロボット [  レッドバロンorマッハバロン  
電脳警察 [  サイバーコップ    

轟轟戦隊 [  ボウケンジャー    
救急戦隊
 [   ゴーゴーファイブ   

高速戦隊 [    ターボレンジャー   

生物彗星 [    WoO        
電光超人
 [    グリッドマン     
地球戦隊
 [    ファイブマン   
超電子
 [     バイオマン    
小さなスーパーマン
 [     ガンバロン   
超神 
[    ビビューン     ]
超人
 [     バロム・1     
電子戦隊 
     デンジマン    
時空戦士
 [     スピルバン   

未来戦隊 [     タイムレンジャー   ]
快獣 
    ブースカ     ]
星雲仮面
 [   マシンマン    ]
特警
 [    ウインスペクター    
仮面天使
 [     ロゼッタ     
電撃戦隊
 [    チェンジマン  
電撃!!
 [    ストラダ5      ]
緊急指令
 [   10-4・10-10  
流星人間
 [    ゾーン     ]
鉄人
 [  タイガーセブンor28号   ]

激走戦隊 [   カーレンジャー   
超星艦隊 
[   セイザーX    ]
有言実行三姉妹
 [  シュシュトリアン    
プロレスの星
 [  アステカイザー    ]
魔人ハンター
 [   ミツルギ    
魔神
 [    バンダー      ]
電磁戦隊
 [   メガレンジャー    
勝手に!
 [    カミタマン   ]
超新星
 [     フラッシュマン   
世界忍者戦
 [   ジライヤ     

爆竜戦隊 [   アバレンジャー    
科学冒険隊
 [    タンサー5     
じゃあまん探偵団
 [    魔隣組    ]
兄弟拳 
    バイクロッサー    
忍者戦隊
 [    カクレンジャー    
正義のシンボル
 [    コンドールマン    
愛の戦士
 [     レインボーマン     
突撃!
 [   ヒューマン!!     
特捜戦隊
 [   デカレンジャー     
特捜ロボ
 [   ジャンパーソン     ]

幻星神 [   ジャスティライザー    
TVオバケ
 [    てれもんじゃ    ]
ビーロボ
 [    カブタック     
超獣戦隊
 [    ライブマン    
不思議少女
 [   ナイルなトトメス   
UFO大戦争 戦え!
 [   レッドタイガー   ]
円盤戦争
 [    バンキッド      
科学戦隊
 [    ダイナマン     ]
冒険
 [    ロックバット      ]
光速
 [    エスパー     

変身忍者 [    嵐     
好き!すき!!
 [   魔女先生    ] 
機動刑事
 [  ジバン    
恐竜大戦争 
  アイゼンボーグ   
風雲
 [   ライオン丸    
秘密戦隊
 [   ゴレンジャー    
炎の超人
 [   メガロマン    
冒険ファミリー
 [   ここは惑星0番地  
超人機
 [   メタルダー    ]
5年3組 
    魔法組    ]

海底人 [   8823    
忍風戦隊
 [  ハリケンジャー   
魔弾戦記
 [  リュウケンドー   ]
テツワン探偵
 [   ロボタック   
太陽戦隊
 [   サンバルカン   
重甲
 [  ビーファイター   
恐竜探検隊
 [  ボーンフリー   
鳥人戦隊
 [  ジェットマン    
電人
 [   ザボーガー   
鉄甲機
 [   ミカヅキ   

星獣戦隊    ギンガマン    
特捜
 [   エクシードラフト    ]
超光戦士
 [   シャンゼリオン   ]
宇宙猿人
 [ ゴリorゴリ対スペクトルマン 
光戦隊
 [   マスクマン    
仮面の忍者
 [    赤影     ]
七星闘神
 [   ガイファード   
五星戦隊
 [  ダイレンジャー   
宇宙からのメッセージ
 [   銀河大戦   
超力戦隊
 [  オーレンジャー    


さて皆さんどれくらい正解できましたか?
作成した身でありながら私は全問正解できませんでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »