« 「ネギま!?」第1話Cパート・元ネタ比較 | トップページ | だらだら新番組感想その1 »

2006/10/12

スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ 第01話 「鋼鉄の亡霊」

10数年来のスパロボファンとしては今期一番注目していた番組。
まぁ過去のアニメ化のせいで期待半分・不安半分ですが・・・

アバンではディス・アストラナガンとアストラナガンの戦闘というサプライズ。
イングラムの見た予知夢? ファンサービスみたいなものかな。

事前に情報をいれてなかったんでメカがCGなのに少し驚く。
後半のゲシュペンストvsバクス戦はリュウセイが初陣の為か迫力不足に感じたが、
冒頭やOPを見る限りCGモデルのディテールやアクション自体は悪くなさそう。

キャラの作画は全体的に低調。野暮ったくシャープさに欠ける印象。
特にバーニングPTのコックピットの描写は、使い回しが多かったり機体が動いてない筈なのに背景が動いてたりとかなりいい加減で興ざめ。

それよりも問題なのはシナリオ
主人公であるはずのリュウセイは始め本来もっているキャラの魅力が描かれていないのは問題。
テンザンに敗北するのはストーリー上の要請だとしても一太刀もあびせることなく負けるのは釈然としない。主人公として弱く見えないような工夫が必要だったなのでは。 例えば、リュウセイの適正を見たいイングラムがデータに介入してテンザン機を不正にパワーアップさせ、それで結果として負けてしまうとか・・・
ここで技やCOMBOのひとつでも披露してれば、後でゲシュペンストに登場した時に同じ技を使わせて"ゲームと実機の操縦が同じだ"というのを描写できて一石二鳥だったのに・・・
試合後のシーンもリュウセイの方が言いがかりをつけているようにしか見えない。テンザンは性格的にいやな奴という描写はあるものの、不正や卑怯な手を使ったわけじゃないんだし・・・

ここも
序盤押し気味に試合を進めるリュウセイ。だがそれはピンチを演出しゲームを楽しむ為のテンザンの作戦だった。
本気を出したテンザンに次第に追い詰められるリュウセイ。武器も破壊され遂に丸腰状態。勝利を確信し不用意に近づいてきたテンザンの油断をつきリュウセイの奥の手"バーニングパンチ"が発動(この時念動力の測定値が急上昇) しかし寸前で回避され逆にエネルギーがきれ棒立ちに。もはや動けないリュウセイ機に対し急所をわざと外した砲撃で弄ぶテンザン。 四肢を破壊されサンドバック化して晒され続けるリュウセイは屈辱のギブアップを宣言せざるを得なかった・・・

みたいな感じだとリュウセイが弱く見えないしテンザンに食って掛かるきちんとした理由も納得できたと思うんだけど

その他にも気になった描写がちらほら
唯一の家族である母親が入院していて経済的にピンチの筈なのにゲーム大会に出場するリュウセイ。
設定としては賞金アリの大会だったと思うけど劇中で触れられてないんでリュウセイが単に遊びで出ただけに見えてもったいない。
看護士志望を印象付ける意図があるにしてもクスハがずっと看護学校の願書を持ち歩いてるってのも変。
話の都合とはいえリュウセイ達が試合会場にずっといたのも奇妙。超満員だった観客も全て帰り撤収作業もかなり進んでいたんで試合後かなりの時間ずっと会場に残ってたの?負けて落ち込んでたとはいえ、単なる出場者でスタッフでもないリュウセイ達が残ってたのは不自然。
このあたりも例えば
試合後にテンザンに絡んだリュウセイが返り討ちに合い、打ちどころが悪く失神。医務室かロビーで伸びていて遅くなった(その間クスハが看病してた)な展開だとスマートだったと思うんだけど・・・

バグズの襲撃後、ガレキの下敷きになったクスハがほったらかしにするリュウセイ。 人を呼んでくると言ってたのにすっかり忘れてゲシュペンストに乗り込んじゃうのがなんだかなぁ。 PTに乗ってガレキを撤去するつもりだった? 素人がそう考えるのも流石に無理があるんでそれはないだろうけど・・・
ストーリーの都合とはいえもっと説得力を持たせて欲しかった。
メギロード戦も第1話の山場としては高揚感がなく地味。「○○パァァーンチッ」とリュウセイに技名を叫ばせるぐらいのハッタリを効かせた見せ方でもよかったのでは?

全体としてゲームのイベントを単に並べて見せられた印象。
ドラマとして成立させるための工夫が見られないのが残念。

不安の方が圧倒的に大きい。
まぁまだ始まったばかりなんで巻き返しに期待したいけどなぁ。

|

« 「ネギま!?」第1話Cパート・元ネタ比較 | トップページ | だらだら新番組感想その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89838/12257939

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ 第01話 「鋼鉄の亡霊」:

» レビュー・評価:スーパーロボット大戦 OG ディバイン・ウォーズ/【第1話】 鋼鉄の亡霊 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 32 / 萌え評価 8 / 燃え評価 17 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 5 / お色気評価 7 / 総合評価 14レビュー数 56 件 度重なる試練を乗り越え、新西暦を迎えた人類。だが地球には新たなる危機が迫っていた・・・。時は新西暦186年、青年リュウセイ・ダテは、アーケードゲームの大会に出場するが、そこで謎の機動兵器と遭遇する。絶体絶命となる彼の前に、地球連邦軍のパーソナルトルーパー、ゲシュペンストMk‐?Uが現れる。... [続きを読む]

受信: 2007/09/07 13:55

« 「ネギま!?」第1話Cパート・元ネタ比較 | トップページ | だらだら新番組感想その1 »